人気ブログランキング |

同人誌購入の選択肢が増えました

長らく私製の同人誌をお取り扱いいただいております東京 書泉様よりご依頼をいただき、バス車庫型録のうち、石見交通編、一畑バス編、日ノ丸自動車編について、ありがたいことに追加で印刷を行う運びとなりました。
石見交通と一畑バスは発行後に多少の変更がありましたので、一部文章を修正のうえ第二版、第三版としておりますが、写真や本文の根幹については特に変わりありません。そもそもバス車庫自体、バス会社の都合などですぐに改廃がなされるものですので、読者諸賢におかれましては多少の変更には目をつぶっていただき、引き続き在庫として残っております旧版につきましても隔てなくお買い上げいただけますと幸いです。

さて、今回の改版増刷につきまして、販売価格や仕切り価格を変更しないために、前回と同部数を印刷しております。しかし改版増刷は、初版と比べるとどうしても販売のペースが落ちる懸念が拭えません。そのため、既存の販売店様にご紹介をいただき新たに1店舗に置いていただく運びとなったほか、匿名発送のあんしんboothパックを使用した直通販を再開しましたので、既存の販売店様と併せて、下記の通りご紹介いたします。

既にお取り扱いをいただいております東京の書泉様では、神田神保町 書泉グランデのほか、通販でもお取り扱いをいただいております。
なお実店舗在庫が通販在庫に優先するため、通販在庫が先に無くなっても実店舗では残部がある場合がございます。あらかじめご了承ください。
令和2年末時点で、バス車庫型録は日ノ丸自動車、石見交通、一畑バス、全但バスの4点をお取り扱いいただいております。

また、同じく既にお取り扱いをいただいております谷口屋書籍雑貨店(芸備書房)様では、古本屋としての営業のほか、ブックカフェとして店内で飲物も提供しておられます。島根の出張珈琲店が提供するこだわりのコーヒーのほか、他ではなかなかお目にかかれない中国茶を数点取り扱っています。
店内のラインナップは、旧・芸備書房時代の流れを汲んだサブカル・鉄道・交通系のほか、海外、思想系の書籍が中心となっています。JR安芸矢口駅より徒歩7分ほどの場所にあり、同店が広告を掲載している広島交通のほか、中国JRバス、広島バスが停車する矢口バス停、口田バス停からも近い場所にあります。
令和2年末時点で、バス車庫型録は日ノ丸自動車、石見交通、一畑バス、全但バスの4点をお取り扱いいただいております。
谷口屋書籍雑貨店(芸備書房)
https://r.goope.jp/taniguchiyabook

このたび新たに取り扱いをしていただくことになりました、古本屋 弐拾db様は尾道市久保2丁目3-3にあります。JR尾道駅より東にある古くからの市街地で、かつて医院だった建物を借りて様々なジャンルの幅広い古書を扱っていらっしゃる店舗で、営業時間も土日は11:00~19:00、木曜日を除く平日は23:00~27:00と、特色ある営業をされています。
広島市にも深夜営業をされている古本屋があり、私も訪れたことがありますが、深夜の古本屋は実に格別な雰囲気があります。例えば酒が入るなどしていればなおさらです。新型コロナウイルスのため遠出や外泊を控えるよう要請が出ているなかではありますが、落ち着いた暁には是非、尾道へ泊まったうえで深夜営業の同店を訪れてみることをおススメいたします。
令和2年末時点で、バス車庫型録は日ノ丸自動車、石見交通、一畑バスの3点をお取り扱いいただいております。
古本屋 弐拾db様
https://www.facebook.com/%E5%8F%A4%E6%9C%AC%E5%B1%8B-%E5%BC%90%E6%8B%BEdb-1222106831141512/

インターネット通販サイトのboothでも取り扱いをしております。
こちらは私が直接管理しており、通販のほか、再販していないもののダウンロード販売も行っています。なお通販については、匿名発送のあんしんboothパックがありますので、住所、氏名がわからない状態で発送可能です。ぜひご活用ください。
令和2年末時点で、バス車庫型録は日ノ丸自動車、石見交通、一畑バス、全但バスの通販と、広島電鉄、備北交通のダウンロード販売を行っています。
https://shijushako.booth.pm/

以上、実店舗販売3ヶ所、通販2ヶ所となります。何卒よろしくお願い申し上げます。

最後に、手元在庫はまだそこそこありますので、こんな妙ちくりんな同人誌を取り扱っても良いという奇特なお店がございましたら、ぜひご連絡をくださいますようお願い申し上げます。。

by hirobus2012 | 2020-12-26 21:40 | 同人誌 | Comments(0)

気が向いたら毎日更新、向かなくなったら更新休止


by 始終車庫