伊賀和志車庫

c0316957_17373106.jpg
三次から布野、口羽(島根県)、作木の旧3町村を経て伊賀和志・都賀へ至る作木線のルーツは、大正12年に三次-大津を三次在住の個人が始めたところにまで遡ります。翌年、その免許は作木の旅館業、水本氏が受け継ぎ、昭和3年には作木村内で大津-伊賀和志(柳原)を延長して、作木村のはずれにある伊賀和志へバスが乗り入れました。当時はのちにJR三江線と競合することになる江の川沿い(香淀経由)を走っていましたが、昭和25年に作木-布野の免許が下りて現在の山越え(布野経由)のルートの端緒となりました。しかし布野-三次は国鉄バスが走っていたためなかなか免許が降りなかったのか、三江線口羽-式敷の開業翌年、昭和39年まで待たねばなりませんでした。
現在の伊賀和志車庫が完成したのは昭和62年のことです。JR三江線の伊賀和志駅は昭和50年開業で、街村となっている伊賀和志集落から離れたところにありますが、バスは集落の中まで入っており、車庫も集落のはずれ、寺のそばにあります。現在、伊賀和志より先の都賀へ行くのは、都賀で折り返す日中の2往復のみですが、かつては都賀にも車庫があり、朝の三次行、夕方の三次発がありました。現在は1台が駐在しています。

撮影:2015.01

[PR]
by hirobus2012 | 2018-02-07 17:38 | バス車庫_広島県 | Comments(0)