堀駐在

c0316957_21552362.jpg
山口県中部、防府から島根県を目指していた防石鉄道は、不況による資金難や、同じ目的で先行した山口線の開業により防府駅から旧・徳地町の中心地、堀までの10km余りを開通させるにとどまり、国鉄による救済の申し立ても叶わなかった、中小私鉄の悲哀を詰め込んだような路線でした。大正9年に開業し、廃止まで終点となった堀駅は、石州街道の宿場町として発展した堀の街村の南端、防府寄りにあり、のちにバスターミナルを併設して防石鉄道の事業の中核となりました。駅跡地は昭和39年の鉄道廃止およびバス転換後しばらくは、バス営業所へ転用されて防府とともに改めて防石鉄道バスの重要な拠点となり繁栄していましたが、昭和50年になって現在の車庫へ移転しました。端っことはいえ市街地内から、旧市街地を迂回する国道バイパス沿いへの移転でした。
その原因は、鉄道線に並行していた一級河川・佐波川の治水事業、具体的には堤防建設のための立ち退きです。川による鉄道への圧力としては洪水による橋への影響がもっとも多く考えられ、実際それによる廃線もいくつかありますが、防石鉄道の場合はそうした鉄道施設への影響は免れ、廃止・バス転換後に別の形で過去の洪水の影響を受けたのです。川と鉄道のこうした関係性は珍しいでしょう。なお、旧営業所の近辺には先述のとおり多少の駅前商店街も形成されていたため、移転当初は商業面で多少のデメリットがあったでしょうが、現在は郊外型店舗や公共施設が土地の豊富な新営業所近辺に増えており、少しずつ商業重心のほうから近づいてきたともいえます。
その後は平成4年の防長交通への合併を経て、現在は営業所のひとつ下にあたる駐在となっています。法的には営業所ではなくなり、整備設備も閉鎖されましたが、いくつかの支線を束ねる存在であることから営業所に準じて運行管理者の配置があるようです。

c0316957_22292935.jpg
メインの上屋車庫は10台収容可能な大きなもの。敷地全体から見れば小さいので、虎の子の貸切事業用だったのかもしれません。左端には整備場がありました。

c0316957_21552575.jpg
c0316957_21552271.jpg
事務所は二階建て、一階に待合所を併設しています。また一階の一部には喫茶店パーラーぼうせきがありましたが閉鎖され、のちに復活告知がなされたものの取材時点では多少きれいになったくらいで工事を行っている様子はありませんでした。
今も防府ー堀の幹線と堀以北のローカル線の接続地点として重要で、こうした鉄道から離れた田舎のバスターミナルにしては珍しく、入れ替わり立ち代わり誰かしらは待合所でバスを待っています。

c0316957_21552301.jpg
窓口。

c0316957_21552470.jpg
待合所の隅に放置されている路線図には、防石鉄道の文字を隠した跡がありました。

c0316957_21552414.jpg
c0316957_21552647.jpg
c0316957_21552212.jpg
構内のバス乗り場はまだ機能しています。当初は両側に乗り場があり、防府から堀以北へ直通するバスは国道側に停まっていたようですが、今は国道側は自転車置き場として使われ、構内側のホームだけが使われています。

撮影:2014.08

[PR]
by hirobus2012 | 2017-09-27 22:36 | バス車庫_山口県 | Comments(0)