大家車庫

大田市大代町は、今は往来も稀で人口400人に満たない過疎の村ですが、その中心の大家集落は江戸時代初めには山陰道が通り、長らく単独で1,200人もの人口を抱える、地域の中心地でした。大家は旧・山陰道と石見三原・石見川本方面の道との分岐点を軸として、半径200mほどの範囲に市街地を形成しており、今では仕舞屋が大半を占めていますが、後掲する写真のようにかつては小さな商店街となっていました。また、大家は山陰道以外にも各地へ道が通じていたことから、戦前の石東自動車によるバス路線網では、大家をハブとして大森、温泉津、川本と周辺の主要な町が結ばれており、乗り継ぎおよび乗り継ぎによる需要もあったものと思われます。
しかし戦後にはバスの大型化や道路状況の変貌によって、大家は山陰本線浅利駅と大田からバスが来るだけになり、バス路線の交差点は西にある井田へと譲りました。以後、浅利線が延伸して江津まで走るようになった以外には大きな変化はありません。現在大家には3台の滞泊があり、うち2台は大田側の町はずれにある大家バス停前の車庫に、1台は江津側の町はずれにある大家回転場(同名バス停を併設)に夜間留置されているようです。

c0316957_14543510.jpg
大家バス停前の車庫。木造土壁で、昭和20年代築とみられます。ここには大田方面の大家線と、江津方面の波積線の各1台が留置されます。

c0316957_14543567.jpg
c0316957_14543456.jpg
c0316957_14543307.jpg
せっかくこんな古いものが現役なので、いろいろな角度から。

c0316957_14543490.jpg
車庫の斜め向かいに、待合所を併設する二階建ての宿舎があります。ここを起終点とするのは、波積線の出入庫1往復のみ。

c0316957_20363172.jpg
大家回転場。波積線は日中3往復が、大家線は全便がこちらを起終点としており、日中には2台が並ぶ姿もみることができます。

c0316957_20363124.jpg
夜間はこんな感じで、大家線の車両が1台留置されます。宿舎は同じなので、500mほど移動しなければなりません。

c0316957_20355338.jpg
大家案内図。今も営業しているのはこの半分以下です。大家バス停と車庫は左端(大田寄り)の石清水八幡宮の近くに、大家回転場は右端(江津寄り)の中学校のさらに右にあります。基本的には大家回転場が起終点なので、大田方面は市街地を通りますが、江津方面は市街地の手前で終わりということになります。

c0316957_20343836.jpg
3台のうち2台は出庫即実車ですが、大田行きの1台は、朝イチ車庫を出るとわざわざ回転場へ行ってから、車庫前を通って大田へ向かいます。

撮影:2014.09 / 2015.04

[PR]
by hirobus2012 | 2017-08-27 20:49 | バス車庫_島根県 | Comments(0)