福岡バス専用道

福岡といっても九州にあるわけではありません。名鉄バスが使用していた福岡バス専用道は、岡崎駅ー福岡町を結ぶ延長わずか2.5kmほどの専用道でしたが、その歴史にはほかにはない重厚さがあります。
この区間の始まりは、明治44年の西尾鉄道開業にまで遡ります。西尾鉄道は、のちに福岡専用道となる区間を含む岡崎新ー西尾を開業させ、徐々に延伸して吉良吉田まで開業させましたが、愛知電鉄への合併を経て名鉄となったあと、安城から西尾を結ぶ後発の碧海電鉄のルートへ西尾へのアクセスを譲り、西尾鉄道が最初に開業させた区間は昭和18年、不要不急線として廃止されました。戦後の昭和26年、途中駅を3つ増やして軌道線である岡崎市内線と一体運行することで岡崎駅前ー福岡町が復活しましたが、それも昭和37年に廃止、線路は剥がされ廃線跡はバス専用道へと変貌しました。
鉄道廃線跡ということもあり、基本的には専用道は1車線しかなく、ところどころに離合地点が設けられていました。また、バス停の位置は岡崎駅前ー福岡町の5か所の駅を踏襲しており、途中駅間が開いているところで宅地化が進んでいたケースもありましたが、バス停は増設されずそのままにされていました。
なお平成26年に、事業が成り立たないという理由ではなく、インフラ整備工事のためこの専用道は廃止されました。

c0316957_21155388.jpg
専用道のスタート部分。ここは区画整理のため廃線跡ではありません。

c0316957_21155307.jpg
柱町バス停付近。このあたりから廃線跡がスタート。

c0316957_20470320.jpg
c0316957_20470495.jpg
c0316957_21151969.jpg
途中、歩道、JR東海道本線、県道が専用道を跨いでいました。

c0316957_20470698.jpg
専用道の速度制限標識。

c0316957_20470430.jpg
c0316957_20470565.jpg
跨道橋にレールが使われていたり、バス停に敷石があるなど、ところどころに鉄道の痕跡が。
敷石は鉄道復活時に新設された東若松駅のものだそうです。当初の目的であった鉄道駅としては11年しか使われず、バス停としてはそれと比較にならないほど長く、50年以上使われました。

c0316957_21304076.jpg
痕跡どころか、専用道の両側が畑になっていたり、

c0316957_21303970.jpg
バス停のそばに自転車が置いてあったりと、いまだに鉄道ぽい部分も。

c0316957_20470231.jpg
c0316957_21151960.jpg
交差する道路を走るバイクをバスが待ち、専用道なのに平然と犬の散歩に使われる。まるでバスのほうがのけもののようでした。

c0316957_20470625.jpg
c0316957_20470712.jpg
終点の福岡町バス停は、専用道がラケット状になっていて簡単に方向転換できるようになっていました。
ここだけは引き続き転回場として使われているようです。

[PR]
by hirobus2012 | 2017-08-23 21:23 | バス専用道 | Comments(0)