和坂営業所

c0316957_16282283.jpg
明石市交通部は、かつて東西に細長い市域を持つ明石市で広範に路線を持っており、JR大久保駅を中心とする路線を高丘車庫が担当し、JR明石駅、JR朝霧駅を中心とする路線を和坂車庫が担当していました。高丘車庫が利用者の多い高丘団地内に置かれていたのに対し、和坂車庫は明舞団地を核とする計画的に開発の進んだ住宅街からは離れた和坂地区に置かれていました。和坂地区周辺でも宅地開発は進んでいて、出入庫を兼ねてか相当の便数が運行されていましたが、マンション様の団地が多数建っている明舞団地周辺ほどではなかったようです。
平成18年に高丘車庫が路線とともに神姫バスへ移管されてからは交通部の唯一の車庫となっていましたが、廃業が決まり、平成24年に路線を山陽バス、神姫バスへ移管し、和坂車庫は廃止されました。2社とも和坂車庫は引き継ぎませんでしたが、神姫バスは路線引き継ぎと同時に白水車庫を新設して20台以上を配置しており、白水車庫は和坂車庫の代わりともいえます。

c0316957_16282367.jpg
交通部庁舎。高丘車庫があったころからここが本部でした。

c0316957_16282307.jpg
c0316957_16282249.jpg
明石駅・朝霧駅を発着する路線をすべて受け持っているとあって、かなり広大な車庫でした。

c0316957_16274055.jpg
工場もありました。

撮影:2012.03

[PR]
by hirobus2012 | 2017-08-22 17:12 | バス車庫_兵庫県 | Comments(0)