新山口車庫

c0316957_18260358.jpg
庇を貸して母屋を取られる、というわけではないですが、栄枯盛衰のなかで営業所と出先車庫の関係が逆転してしまうことは少なからずあります。防長交通は、山口県の旧周防国全域の大半を手中に収めていましたが、県庁所在地である山口市は市営バスと国鉄バス・中国JRバスが強かったため防長交通が付け入る隙がわずかしかなく、隣町の旧・小郡町に小郡営業所を置き、山口市には出張所が置かれていました。しかし、平成11年に山口市営バスが同社に全事業を譲渡した際、もと市営バス本局に山口営業所を開設、小郡営業所は山口営業所の出先車庫となり、小郡と山口が逆転してしまいました。
現在、旧小郡営業所は子会社の防長観光バスへ譲渡され、同社の新山口営業所となりました。防長交通のほうは台数はわかりませんが、小規模な出先車庫として使われているようです。

c0316957_18260595.jpg
c0316957_18260225.jpg
整備工場・上屋車庫。二階は寮でしょうか。

c0316957_18260463.jpg
かわいらしいイラストが壁に書いてありました。

撮影:2013.03

[PR]
by hirobus2012 | 2017-07-07 18:38 | バス車庫_山口県 | Comments(0)

2018.09.12 これまで営業所と附設の車庫をまとめて「営業所」として紹介してきましたが、以後は本来の法令上の解釈に基づき、営業所附設の車庫についても「○○車庫」として紹介することとします。


by 二重谷鉄雄