こころ車庫

c0316957_16415512.jpg
広島市の副都心として開発の進んでいる西風新都のうち、3500世帯に加えて商業地区、工業団地を併設し最大規模であるのがセントラルシティこころです。同じ西風新都の花の季台団地は住宅のみのため開発地区のはずれに車庫が作られていますが、こころでは工業団地エリアがあるため、住宅環境の維持を目的として住居区でなく工業団地へ車庫を置いています。広島市中心部と西風新都を結ぶ、広電バスの西風新都線は相当の便数がありますが、住宅団地を終点としない産業団地系統は便数が少ないため、日中車庫は閑散としています。
西風新都の幹線道路を挟んで南側、こころ南地区の開発が進み西風新都営業所が出来るまでは、西風新都内の車庫が少なかったため収容台数いっぱいの10台が配置されていたようです。営業所へ一部集約されたためやや減って現在の駐在は7台程度とみられます。

c0316957_16415486.jpg
乗務員休憩所。

撮影:2012.03

[PR]
by hirobus2012 | 2017-07-05 17:19 | バス車庫_広島県 | Comments(0)

2018.09.12 これまで営業所と附設の車庫をまとめて「営業所」として紹介してきましたが、以後は本来の法令上の解釈に基づき、営業所附設の車庫についても「○○車庫」として紹介することとします。


by 二重谷鉄雄