西城車庫

c0316957_22351000.jpg
JR芸備線とほぼ全線にわたって競合する三城線は、吉田-三次・三次-庄原・庄原-西城の3路線の総称で、西城車庫は庄原-西城の西城側終点、西城中野バス停そばにあります。車庫は南北に伸びる西城市街地の北端、広島・庄原から来たバスが市街地をわたりきったところに昭和29年に開設され、昭和35年には幹線のほか西城町内の支線を管轄する西城出張所が庄原営業所から分離、西城車庫内に設置されました。
西城出張所管内の町内路線には3つの出先車庫がありましたが、廃止代替化を経て出先車庫はなくなり、出張所もいつの間にか廃止されました。さらには町内路線を平成7年に受け皿として同社と自治体の出資で設立された西城交通へすべて移管し、また広島直通も失い、現在は庄原-西城のみ担当しています。西城交通は別の場所に独自の車庫を置いたため、こちらはずいぶんさみしくなってしまいました。
敷地の形は半ドーナツ状になっており、写真手前に入口があり、写真右側に出口があります。かつては出口に4台収容の大きな木造建屋がありましたが、取り壊されて現在は2台分のスレート葺の上屋しかありません。現在は2台が駐在しています。
なお、三城線はJR芸備線との競合の都合からか、あるいは高い収益性からか、他の路線と比べて大幅に安い運賃が設定されています。

c0316957_22303881.jpg
c0316957_22304198.jpg
休憩所。備北交通の車庫自体少なくなり、こうした木の表札も珍しくなってしまいました。

c0316957_22303917.jpg
車庫出口。もとはここに木造車庫がありました。

撮影:2013.05

[PR]
by hirobus2012 | 2017-06-29 22:53 | バス車庫_広島県 | Comments(0)