伯方営業所

c0316957_22385384.jpg
瀬戸内海交通はしまなみ海道の通る3つの島に営業所を持っていますが、そのうちで最も小さいのが伯方営業所です。他の島より小さく、また沿岸部にまんべんなく集落があることから、伯方島島内の路線バスは木浦を起終点とする循環線が右回り、左回りとあるだけです。また、ほかの大三島、大島両営業所は、各島の市街地から今治への直通バスを受け持っていますが、伯方島だけは高速上のバスストップに停まるだけで、市街地から乗ることはできません。そのためなのか、いまだに営業所のある木浦港には因島ー今治の高速船が寄港しており、昔ながらの島の航路接続バスが残っているといえます。木浦には、警察署や市役所支所、造船所などがあり、行政、経済、また交通の中心としての機能が集約されています。
現在の所属台数は3~4台程度とみられ、事務所は木浦港務所に入居しています。

c0316957_22545498.jpg
c0316957_22545484.jpg
駐車場は2つあります。

c0316957_22374538.jpg
案内板にしたがって階段を上ると、

c0316957_22374588.jpg
会議室のような営業所があります。

撮影:2017.04

[PR]
by hirobus2012 | 2017-06-22 22:55 | バス車庫_愛媛県 | Comments(0)