高陽車庫

c0316957_22081073.jpg
昭和40年代~50年代に、日本列島改造論に沿って開発された高陽ニュータウンは、計画人口3万6千人で当初は西日本で最大の住宅団地ともいわれるほどの規模でした。昭和46年の開発決定当時、1万2千人ほどの旧・高陽町の人口が、計画がそのまま成功すれば4倍に膨れ上がるのですから、そのインパクトは相当なものだったでしょう。
それほどの規模の団地だからなのか、バス路線は中国JRバス、広島バス、広島交通の3社の間で複雑に取引され、説明するのも面倒なほどの経緯を持っています。面倒なので説明はしません。最終的に、A、B、Cの3地区に分けられた団地のうち、A団地を広島交通と中国JRバスが折半し、B団地を広島バスが、C団地を広島交通が独占する形になりました。高陽営業所と附設の高陽車庫は昭和49年開設で最も新しく、営業所番号は一番後の5番です。はじめはまだ開発が進んでいなかったため、団地よりかなり広島寄りにあった小田車庫跡(当時は駐車場)に高陽営業所が開設され、開発の進展に伴って昭和54年ころに高陽車庫が新設、そこに高陽営業所が移転してきました。車庫はA団地線とC団地線が合流し、双方が終点とする高陽車庫バス停前の好立地で、中国JRバス高陽駐車場も向かいに位置しています。
高陽営業所は、以前は高陽車庫のほかに深川台車庫を置いていましたが、高陽車庫に集約されて廃止されました。従って、同社で4つある営業所のうち、唯一出先車庫を持っていません。なお、高陽営業所では高陽ニュータウンと広島市中心部を結ぶ通勤路線だけでなく、可部や緑井へ向かう通学路線、県内高速バスも受け持っているため、かつて高速用車両を市中心部へと送り込むのに回送でなく実車で運行し、通勤急行バスにしたこともありました。

c0316957_22094375.jpg
事務所。大林、勝木と同じ形の建物です。

c0316957_22094241.jpg
整備庫。

c0316957_22094237.jpg
入口の門にある表札。

撮影:2012.10 / 2013.01

[PR]
by hirobus2012 | 2017-06-13 22:34 | バス車庫_広島県 | Comments(0)

2018.09.12 これまで営業所と附設の車庫をまとめて「営業所」として紹介してきましたが、以後は本来の法令上の解釈に基づき、営業所附設の車庫についても「○○車庫」として紹介することとします。


by 二重谷鉄雄